HOME若旦那ブログ > 芝生の張り方 

芝生の張り方 

芝生の張り方 

本日二回目の投稿は、最近当社で工事をさせていただくお客様から多いご要望で、「芝生を自分達で張って見たい」というお声を頻繁にご相談いただきます^^

 

そこで、簡単で申し訳ありませんが、少し芝生の張り方をご紹介させて頂きたいと思います。

現場の写真が一枚一枚違いますがお許し下さい^^;

 

 まずは、敷地の整地作業からです。真砂土を客土してトンボなどで綺麗に平均に敷均します。

 

 

この様に整地した上に芝生を並べて敷き詰めていきます。

 

芝生が張り終わると次に目土入れです。

 

 

芝生はこの様に少し目地をあけて張っていきます。このすき間に目土を入れて凸凹がなくなるように均します。

 

 

この様に真砂土を所々にうつして丁寧に目地の間に土をいれていきます。

 

この目土入れですが、冬場は少し多めに、夏場(今の季節)は薄く入れていきます。

 

 

目土を入れた所とまだ入っていない所がわかると思います。

この様に全体の凹凸をなるべくなくしながら目土をいれます。

 

目土が入れ終ると、後はたっぷりと散水して下さい。すると数日経つと目土が馴染んでこの様になります。

 

 

後は、毎日の散水と芝刈りを頑張ってもらうだけです^^!

 

 

芝生と砂場のあるお庭でお子様をのびのびと遊ばせてあげて下さい^^

 

 

お問い合わせはコチラ
関連の若旦那ブログを見る
ページの先頭へ戻る